現代医学では抑えられない、がん治療の隠れた真実

l

がんの特効薬は不可能。免疫に頼るしかない理由。

 がん治療について日本の医師たちはわかっていても目をつぶってきたことがあります。それは抗がん剤(薬)や放射線などの現代医療だけで治すという試みは、実質的に不可能に近いということが『世界の第一線の医学者たちの手で明らかにされてきた』ということです。一人一人のがんは、すべて異なっている。そしてその一人一人のがんさえも、常に変化しつづけていて、とてつもなく複雑で解明することができない、それががんという病気の特効薬がない理由なのだと。もし特効薬のようなものができても、がんの本質は単純に説明のつくものではない、それゆえ、薬によって治そうとすると、薬は本来1つの効能しかないことで、薬をいくつもいくつも組み合わせないとがんは叩けないことになる。そういった場合、1人のがん患者に何百といった種類の薬を飲むことになるだろうと推測されています。もちろん、1人の人が、何百種類もの薬を飲めるわけがなく、おまけに、がんの新薬は目が飛び出るほど高い。保険が7割を負担してくれるとしても、なんと月30万円はくだらない。そんな高額なものを、国が負担する訳もなく、一般人にとっては非現実的な話なのです。
  一方で、非医学的なアプローチでがんに取り組む研究者もいます。人の生き方そのものを変えることによって、どんなに難しいガンからも生還する可能性は0ではない、ということを証明してきました。サプリメントや漢方の摂取、食事療法、抑圧された感情をとき放つ、軽い運動をする、神を信じるなど。 一見、なんでもないようなことや誰にでもやろうと思いさえすればできることばかりです、これが私たちの身体の中で、脳のホルモン分泌を変えたり、ある種の神経伝達物質を増やしたりして、自己免疫機能を増幅し、健康へと導いてくれるのです。
その健康にもっとも効果がある自己免疫機能を医療側も認め、がん治療に抗がん剤で攻撃するのではなく、抗PD―1抗体を使って免疫によりがんを叩いて治す方向へ、シフトチェンジしていきつつあります。しかし抗PD―1抗体を使うと、副作用も強く、まだまだ実用化には遠いと思われます。


がんを抹殺!免疫賦活物質で免疫を強化する。(植物発酵LPS)

この世界には普通では知ることのできない、水面下のルートのようなものがあります。そこには驚くべきチカラをもったサプリメントなども存在します。一般市販では手に入らない、研究・治験や一部の医師・病医院で実際にがん治療の補助として使用されていて、自己免疫機能について、活性度が高く効果も認められる高品質な成分が入ったものがあるのです。(当時日本国内で500箇所以上の病医院、米国では2000人超のドクターががん治療の補助や治験、研究目的で高品質のサプリメントを使用しているデータがある)。  
 高品質のサプリメントを摂取することは、かなりの期待が持てるの確かで、私たちは、このような高品質のサプリメントの服用と、さらに運動や体質改善をすることで多方面からのアプローチによりガン細胞を叩くことで、がんを完治させることができるのです。

 私はこのサイトが役に立てればと思い、実体験をもとに制作しました。私たちもさまざまなアドバイスや出会いにより助けられたので、出来る限り「がん」という病気に関わった人達に知識を引き継ぐことができれば、どんどん、がんを克服する「チカラ」が強くなるんではないかと思っております。
 今治療中のガン患者さんやその家族が少しでも希望や明るさを取り戻して治療に専念できるよう、役に立つかもしれない最低限の知識として「腫瘍発生のメカニズム」「免疫システム」「統合医療という考え方」「抗がん剤の注意点」そして現代医療を補う「免疫賦活 物質とよばれる成分(サプリメント)」「生活習慣を変える(食事療法や運動)」について調べて、がん治療に効果がみられたものや、そのプロセスをこのサイトに記しました。
一番つらいのは患者さんですから、出来る限り無理なく生活の質(QOL)を下げないで、効果的にがんを叩く良い方向性を探るきっかけになれば幸いだと思います。


がんを克服するためには!

がん治療で最低限必要だと思われる知識や疑問点を把握する

  • がんになってしまう原因やがん細胞はどのようにうまれるのか?
  • 免疫細胞のメカニズムはどうなっているのか?
  • 病院治療の限界や問題点、それを判断し補う統合医療って?
  • 抗がん剤治療は医者に言われるがまま、やっていていいのか?
  • 現代医療の限界や問題点 (副作用)などの弱点を補う方法はないのか?
  • がんに効く免疫療法や健康食品をどのように選択すべきなのか?
  • どのように生活習慣や食事を変えていけば、良いのか?

 がん治療を未だに薬だけに頼っているのは日本の医療システムだけです。不思議なことに、ほとんどの方が「お医者様 = 神様」のような扱いになっている‥ または国がそうさせているのが現状です。そういった偏った考えが、がん治療の足を引っ張る形になっていることに、私たちは気づかなければなりません。
 医者は神様ではなく、人間であり、「現代医療についての専門家」なのです。つまり、一専門家の意見として参考にするだけで良いということです。細かいことを言っていてもキリがないので、まとめると、がん治療に有効性があるさまざまな治療法があるのに、現代医療という1つのカテゴリーの専門家の意見だけに命を預けてしまって良いのですか?ってことが言いたいわけです。
 だからこそ、患者さんやその家族が治療を進める「リーダー」にならなくてはいけません。そのためには、上記に書いたような、最低限の知識が必要ですし、それをもとに治療を進める努力や精神力も必要になってきます。それができれば代替医療や現代医療などの専門家の意見をも取り入れ、自分たちで正しい判断ができ、もっとも効果的にがんを叩くことができます。また、それができた方たちが、がんを克服しているのだと思います。